桑名名物の安永餅をお土産に!名神高速のサービスエリア(養老SA)で購入できる?

安永餅

桑名名物の安永餅を知っていますか?

三重県の桑名では有名な安永餅。

その安永餅を桑名へ行かなくても、高速道路のSAで購入することができます。

ここでは、養老サービスエリアの安永餅を紹介します。

安永餅

安永餅

安永餅(やすながもち)は、つぶあんの入った細長い焼餅です。

平らで薄っぺらいのが特徴です。

安永餅は、三重県桑名市の代表的銘菓で桑名名物です。

江戸時代から売っていたようで、歴史のある和菓子です。
 
安永餅を販売しているのは「永餅屋老舗」と「安永餅本舗 柏屋」があります。

  • 永餅屋老舗(1634年(寛永11年)創業)
  • 安永餅本舗 柏屋

 
永餅屋老舗は、なばなの里店で季節限定「なばな安永餅」を販売しています。
(なばな安永餅は、安永餅の生地になばなを混ぜ込んでいて、なばなの里でしか購入できません)

安永餅の味は?

安永餅の外観

購入したのは、永餅屋老舗の安永餅。

安永餅は柔らかめで、引っ張ると少し伸びて切れます。

味は、甘すぎない上品なあんこの味で、お茶に合います。1本だとすぐにペロッと食べれていまします。

安永餅の賞味期限

安永餅の裏面

安永餅の賞味期限は非常に短いです。

消費期限は、購入後1〜2日でした。
 
安永餅は、添加物が入っていないので、消費期限は短いです。

原材料:餅米、砂糖、小豆、水飴、上新粉

安永餅を購入できるSA

養老SA

安永餅を購入できる名神高速のサービスエリアは、養老SAです。(永餅屋老舗)

養老SAの上下線で購入可能です。

サービスエリアの外には、安永餅の旗が並んでいました。

養老SAでは、伊勢名物「赤福」のあんころも販売しています。

大きめのサービスエリアで物販・飲食コーナーも充実しているので、休憩に立ち寄るといいです。
(時間帯によっては混むことがあるので注意してください。)

養老SAのアクセス

住所:岐阜県養老郡養老町橋爪西川原1477−18
 
養老SAは、高速道路のSA(サービスエリア)ですが、一般道からアクセスができます。
 
車を止めれる台数は少なめですが、駐車場があり、SA内に歩いて入ることができます。

一般道からは、ふらっとパーク養老SAにナビを設定するといいです。

 
今回の記事では、「安永餅の購入できる高速道路のサービスエリア」を調べてみました。
小腹が空いた時やお土産に購入するのもおすすめです。