はじめしゃちょーの絵を富山で発見!場所や注意点は?

はじめしゃちょーが描いた絵

「人気ユーチューバーのはじめしゃちょーを知っていますか?」

日本で一番チャンネル登録者が多い有名なYouTubeのはじめしゃちょー。特に若い世代に人気が高く、女性のファンも多いです。

そのはじめしゃちょーの出身は富山県。

富山県へ行っ時に偶然、はじめしゃちょーが描いた絵を発見しました。

今回は、「富山県の魚津中央通りシャッター」ではじめしゃちょーの絵を見つけましたので、注意点などを書いていきます。

 

魚津中央通りシャッター

今回の目的地は、魚津の埋没林博物館でした。

埋没林博物館

魚津の埋没林博物館へ行く途中で思い出したのが、はじめしゃちょー。

 

「はじめしゃちょーの出身地は、富山県だったな〜。」

ユーチューブ動画で、はじめしゃちょーが富山の商店街に絵を描いていたのを思い出した。

商店街のシャッターに絵を描いていた動画

「そういえば、はじめしゃちょーの絵ってまだあるのかな?どこだろう?」と思いつつ車を走らせていた。

埋没博物館が近くなった頃、なんだか見たことのある絵が出てきた。

 

おぉ〜!これは、もしかして、はじめしゃちょーの絵ではないか。

はじめしゃちょーの絵

動画で見たことのある絵が道路沿いに出現。

こ、これは、「動画で見たはじめしゃちょーの描いた絵だ!」

 

富山県の魚津市で、はじめしゃちょーの描いた絵に出会うことができました。

こちらの記事では、魚津中央通りシャッターで見つけた、はじめしゃちょーの描いた絵を紹介していきます。

 

魚津中央通りシャッター街のはじめしゃちょーの絵

魚津中央通り

魚津中央通りシャッター街の 正式名称は『魚津中央通り名店街』というようです。

道路の両側にはアーケード歩道があり、長さ500mほどの商店街です。

1959年に中央通り商店街が誕生。(昔、火災があったようです)

 

その通りの所々に、はじめしゃちょーの絵が書かれています。(シャッターアート)

ようこそ魚津へ

ようこそ。魚津へ。エンターマークといっしょに書かれています。

いか

こちらはシャッターではなく、壁に描かれています。

富山名物のほたるいかだと思います。

商店街の絵

寿司などの仕切りに使われる緑色のアレ。芝生ではありません。

よっちのメガネ

よっちのめがめ。

トマトのへた

とまとのへた。

ナスのようかい

はじめしゃちょーの書いた「なすのおばけ」

なすのおばけと意味不明のいちごの文字。なぜか小さなバナナを手に持っています。

メインの江田 元

はじめしゃちょーの絵

はじめしゃちょーの本名:江田 元

訪れた時は、江の部分のシャッターが開いて田元になっていました。

 

※ちなみにはじめしゃちょーの出身は、富山県魚津市ではなく、富山県砺波市のようです。

 

魚津中央通り商店街の注意点

魚津の商店

場所は、少しわかりにくいです。道路沿いのシャッター街です。

魚津中央通り商店街は、魚津駅から徒歩で約15分ほど。
埋没林博物館から徒歩で約10分ほど。

 

車の場合は、魚津インターから約20分です。

魚津中央通り商店街には駐車場はありませんでした。
 商店街用の駐車場なし

近くの駐車場は、魚津駅の「魚津駅南駐車場」か「センチュリーパーク駅前」です。どちらも有料駐車場です。

 

<魚津駅南駐車場>
住所:魚津市上村木一丁目907番地 
利用台数:205台まで
金額:入場から24時間毎に310円

 

<センチュリーパーク駅前>
住所:富山県魚津市駅前新町11−11
利用台数:19台
金額:24時間毎¥300

 

はじめしゃちょーの絵は、道路沿いにあるので、車で通ったり、歩いてみることができますが、左右にあり間隔もバラバラです。

シャッターが開いていることもありますので、今回の江田元のようになることもあります。

マンホールのおばけもあるので、はじめしゃちょーの絵をじっくり見たい方は、歩いてみるといいです。気をつけてはじめしゃちょーの絵の鑑賞を楽しんでください。

 

魚津商店街のアクセス

魚津中央通り商店街

住所:富山県魚津市中央通り1丁目3−29

魚津中央通り商店街は、魚津駅から徒歩で約15分ほど。
埋没林博物館から徒歩で約10分ほど。

魚津ICより10分
あいの風とやま鉄道魚津駅より5~7分

駐車場なし

 

その他の周辺観光地

【キニナルカフェ】埋没林博物館へ行ってみた。注意点は?

2020.01.28

いかがでしたか?
今回の記事では、はじめしゃちょーの描いた絵がある「魚津中央通り商店街」を調べてみました。
旅行やお出かけの際の参考になればと思います。