長浜鉄道スクエアはどんな所?注意点は?【長浜市観光】

長浜鉄道スクエア

<長浜鉄道スクエア>

滋賀県の長浜市にある長浜鉄道スクエア。

ここでは鉄道を楽しめる人気スポットです。

「長浜鉄道スクエアはどんな所なのか?」

今回は、「長浜鉄道スクエア」へ行ってきましたので、注意点などを書いていきます。

 

長浜鉄道スクエア

長浜鉄道スクエアの外観

長浜鉄道スクエアは、鉄道の歴史が学べる資料館。

旧長浜駅舎や鉄道の車両が楽しめ、鉄道ファンにはたまらない場所です。

また、館内には展望スペースもあり、長浜駅を通る鉄道を眺めることもできます。

 

長浜鉄道スクエアは有料の施設で、入館料は大人300円です。

 

長浜鉄道スクエアは、3つの見どころがあります。

・旧長浜駅舎
・長浜鉄道文化館
・北陸線電化記念館

 

■ 旧長浜駅舎

旧長浜駅舎

旧長浜駅舎は、明治の鉄道の歴史遺産です。

かっては蒸気機関車が走っていました。

その当時の駅舎を見ることができ、タイムスリップできる場所です。

鉄道記念物に指定
 

■ 長浜鉄道文化館

長浜鉄道文化館は、平成12年にオープンした比較的新しい資料館です。

鉄道に関する資料や、子供向けのコーナーもあり、プラレールもあります。

2階部分はHOゲージの鉄道模型があります。

長浜鉄道文化館

鉄道模型では長浜駅を再現。

鉄道模型をスイッチで動かすことができます。

 

■ 北陸線電化記念館

北陸線電化記念館

北陸線電化記念館には昔、活躍していたD51蒸気機関車や電化後に走っていた電気機関車が展示されています。

ED70形の車両の展示は、日本で唯一ここだけ。

1975年まで実際に使用されていた車両で運転席に入ることができます。

最高運転速度は、時速90キロ

 

館内には、D51も展示されています。

D51

D51も運転席に入ることができます。

 

ここの2階の展望台からは、北陸本線の長浜駅周辺が見れます。

展望台からの眺め

通過する電車を眺めることができます。

 

長浜鉄道スクエアの注意点

長浜鉄道スクエアでは、子供が夢中になりすぎます。

プラレール

特にプラレールにはまって、その場所から動かなくなる子供が多いので、他の予定がある方は注意してください。
(家にもあるのになぜか夢中になる^^;)

機関車の運転席に座ることができます。
(混んでいるときは順番待ちになります。)

HOケージはボタン操作のみです。

入館料は300円かかります。

駐車場は隣にあります。
(有料駐車場)
2時間以内なら無料だったと思います。

専用の無料駐車場はありません、

展望スペースがありますが、それほど大きくありません。

展望スペース

外の柵の所まで出れて、電車を見て楽しめます。

 

■ 長浜鉄道スクエアの動画はこちら

 

<長浜鉄道スクエアのアクセス>

住所:滋賀県長浜市北船町1−41

JR長浜駅から徒歩5分

駐車場あり

入館料:大人 300円 

開館時間:9:30-17:00

休館日:年末年始(12/29-1/3)

初めてのJR名古屋駅!待ち合わせ場所と注意点

2019.11.11

いかがでしたか?
今回の記事では、「長浜鉄道スクエア」を調べてみました。
旅行やお出かけの際の参考になればと思います。