モーニングで京都の雰囲気を味わう!イノダコーヒ本店で京の朝食を食べたら・・・

イノダコーヒー本店

「京都のイノダコーヒを知っていますか?」

歴史のある有名な喫茶店です。

観光客にも人気の喫茶店でモーニングを食べてみました。

イノダコーヒー本店

イノダコーヒー本店

イノダコーヒーの創業は昭和22年。

京都を代表する老舗喫茶チェーンです。

イノダコーヒーではなく「イノダコーヒ」が正式名称です。最後にコーヒーと伸ばしません。

コーヒーは美味しいと評判で、リピーターが多いです。

京都観光時に訪れる観光客も多い老舗の喫茶店です。

お店の外観

外観

お店は、白いレトロな旧館とレトロでモダンな雰囲気の新館があります。

新館と旧館があり、中でつながっています。

レトロでおしゃれな感じなので、写真を撮る方も多いいです。

レトロな外観

朝から席が埋まっていて、行列ができることもあります。

お店の前には、自転車も多く止まっていて、常連さんも多いです。

オープンは朝7時からですが、朝から席が埋まっています。

店内の感じは?

店内

新館の入口から入店すると、ケーキのショーケースがあり、コーヒー豆などの販売が行われています。

店内の利用は、入り口で案内されます。

訪れた時は、1階の席は満席で、新館の2階の席にしました。
(平日の9:30頃行きました。)

裏庭にはテラス席があります。

裏庭

2階の席からは庭の眺めが良かったです。

1階は、旧館のレトロな雰囲気を味わえるので、人気です。

京の朝食(モーニング)

京の朝食

おすすめは、モーニングメニューの京の朝食です。

モーニング 7:00-11:00

ホテルのモーニングのような、京の朝食を目当てに訪れる方も多いです。

京の朝食(税込1,600円)

※ 価格は2021年12月時点で変更になる場合があります。

京の朝食はイノダコーヒ本店の朝食限定メニューです。

クロワッサンとワンプレートのお皿に、スクランブルエッグ、ハム、サラダ、ポテトサラダが載っています。

オレンジジュースとドリンクが付いています。

ドリンクはもちろん、コーヒー(アラビアの真珠)にしました。

コーヒ

伝統のブレンドコーヒーで、ブラックで飲むと苦味系でした。

このコーヒーはミルクと砂糖を入れるのが一般的です。砂糖とミルクをいれて飲むことを推奨しています。

クロワッサンもサクサクでおいしかったです。

ロールパンセット

他に、エビフライのロールパンセットがあります。

今日の朝食ほどのボリュームがいらない方は、エビフライのロールパンセットがあります。

こちらは1000円以下で食べれます。

ロールパンにエビフライが挟んであり、サラダとポテトサラダ、ドリンクのセットになります。

駐車場はあるの?

店舗南側に駐車場があり、1時間無料になるようです。

満車だと、周辺のコインパーキングを利用するしかありません。

街中なので、駐車料金は高めです。

駐車料金は、20分300円ぐらいが一般的です。

イノダコーヒの感想

イノダコーヒ

今回は、京の朝食を目当てに行きました。
 
イノダコーヒ本店で京の朝食を食べたら、テンションが上がりました。
 

豪華な朝ご飯から始まるとテンションが上がります。

味も良く、朝からいい雰囲気のお店で楽しめました。

高級喫茶店なので、価格は少し高めですが、贅沢な朝食を楽しみたい方におすすめです。
 
常連さんも多いお店で、行列ができることもあります。

今回、すぐに案内できる2階席にしたので、それほど待たずにすみました。
 
他のメニューで、プリン(450円)やジャンボシュークリーム(700円)などの人気メニューもあります。
 

ちなみに、ここから100mほどの場所にイノダコーヒ三条店もあります。

イノダコーヒ三条店

イノダコーヒ三条店は10時オープンで、京の朝食はありませんので注意してください。

イノダコーヒ本店のアクセス

イノダコーヒー本店
住所 京都府京都市中京区道祐町140
営業時間 7時00分~18時00分

京都の観光スポット

縁切り縁結び碑

京都の安井金比羅宮の待ち時間と注意点!

2019.11.04

今回は、イノダコーヒ本店へ行ってみました。
歴史のあるお店で雰囲気もいいので、京都観光時に立ち寄るのもいいです。

コーヒーが好きな方はぜひ行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です