信楽のたぬき村は何があるの?陶芸体験の価格は?【観光の立ち寄り場所探し】

信楽陶苑たぬき村

「信楽の観光でどこに行こう?」

観光の行き場探しに迷ったら、信楽陶苑たぬき村に行ってみるといいかもしれません。

今回は、「信楽陶苑たぬき村」を調べてみましたので、どんな場所なのかを書いていきます。

信楽陶苑たぬき村

信楽陶苑たぬき村

信楽インターから国道307号を信楽方面に行くと「信楽陶苑たぬき村」の看板があります。

看板の方に進むと、道路脇に大きなたぬきが出現。

大きなたぬきがあるお店が「信楽陶苑たぬき村」です。

たぬき村

たぬき村は、窯元の一つが信楽陶苑のお店です。

インパクト抜群のでっかいたぬきが3体います。

入口の大きなたぬきは人気の撮影スポットです。

日本一の大きいたぬきは、信楽の雰囲気が出る写真が撮れます。

信楽陶苑たぬき村のお店のあちこちにたぬきがいます。その数は1万匹以上。

いたる所にある、いろいろなタヌキを見ているだけでも面白かったです。

中には、忍者のたぬきもいました。

忍者のたぬき

忍者のたぬきは、変った雰囲気です。異彩を放っていました。

信楽からは、忍者で有名な甲賀も近いです。

他には、たぬき地蔵あります。

たぬき地蔵

置物を供養するたぬき地蔵です。

たぬき地蔵の先には、登り窯があります。

「たぬき地蔵尊」だけではなく「座れば授かり狸」などもありました。

しがらき狸御殿

たぬき地蔵は、御利益があるかもしれません。

しがらき狸御殿もあり焼き物体験もできます。

陶芸教室

別建物では、陶芸教室、ろくろ体験もあります。

信楽陶苑たぬき村は、たくさんのたぬきがいます。陶芸教室などの体験ができ、お土産の販売が行われています。
体験の参考価格

  • 電動ロクロ使用料(1台1時間) 1,000円
  • 電動ロクロ作品焼成料 500円
  • 手びねりコース 1,500円

信楽陶苑たぬき村

館内では、湯飲みやお皿などの販売も行われています。

中のお土産物売り場には、たくさんのたぬきがいます。

販売しているたぬき

いろいろな種類があり、かえるやふくろうとセットのものや「近江商人たぬき」「忍者たぬき」などがありました。

並んでいるたぬきを見ているとなぜか欲しくなります。

値段はピンキリで小さいものは安くて、中には500万円と書かれていたものもありました。

信楽陶苑たぬき村は、お店が大きくて入りやすいので、観光の際に立ち寄ってみると面白いです。

たぬきは、一つ一つ顔が違うので、ぜひ、お気に入りのたぬきを見つけてください。

信楽陶苑たぬき村のアクセス

信楽陶苑たぬき村
住所 滋賀県甲賀市信楽町牧1293番地2
営業時間 9時00分~17時00分
定休日 年末年始

信楽インターより車で5分。

駐車場があります。

信楽陶苑たぬき村は、バスの観光コースにもなっているので、タイミングによっては混みあうことがあります。

いかがでしたか?
今回の記事では、「信楽陶苑たぬき村」を調べてみました。
旅行やお出かけの際の参考になればと思います。