竹生島の初詣の行き方は?注意点は?

竹生島の初詣

<竹生島の初詣>

琵琶湖のパワースポットといわれる竹生島。

神秘的で見どころがたくさんある人気スポットです。

その竹生島は初詣をすることが可能です。

今回は、「竹生島の初詣へ行く際の注意点など」を書いていきます。

 

竹生島

竹生島

琵琶湖にある周囲2キロほどの竹生島。

小さな島ですが日本三弁財天の一つに数えられる「宝厳寺」や都久夫須麻神社(竹生島神社)があります。

 

西国札所三十番 竹生島宝厳寺

宝厳寺

寺社の他にも、国宝に指定されている「唐門」や重要文化財の「観音堂」、「三重塔」などがあります。

弁才天の幸せだるま

幸せ願いだるまやかわらけ投げもあり、願いが叶うと言われています。

竹生島神社のかわかけ投げ&宝厳寺のだるまの金額は?

2019.11.23

その竹生島へ行くにはクルーズ船に乗る必要があり、クルーズ船は3つの場所から出ています。

長浜港
今津港
・彦根

注意点として、正月は、長浜港、今津港からは就航していません。

長浜港⇔竹生島港
正月に就航しているのは、彦根港のみです。

竹生島「初詣船」
 (彦根港発)

2019年1月1日(火・祝)~6日(日)の期間は、彦根港より竹生島初詣船が運航します。
  1便:9時30分発、2便:12時30分

<金額>
大人:3000円
子供:1500円

竹生島の拝観料は別です。
 拝観料:500円

クルーズ船は、1月6日以降は、土日祝日のみの運行。
 ( 1月6日以降は、 長浜、今津からも出ています)

 

彦根港から竹生島までは、約40分

船は2便のみで、島に上陸する人数は限られますので、竹生島の混雑はそれほどひどくないです。

竹生島の周り方を変えると、混雑を避けれるかもしれません。

 

<彦根港から竹生島>

船は2階の席もあり、船内は外が見えるデッキと船内があります。

竹生島クルーズ船

船内では、竹生島の案内ビデオが流れています。

船のデッキはこのような感しで、天気がいいと気持ちいいです。

竹生島クルーズ

船の旅を楽しめます。

船内にトイレもあります。

トイレ

彦根から竹生島までかかる時間は、40分です。

竹生島の舟着き場に到着します。

竹生島の入口

竹生島の船着き場は1か所で、今津、長浜、彦根方面も同じ場所です。

帰りの船の時間を確認して竹生島の初詣を楽しんでください。

 

竹生島の初詣の注意点

クルーズ船

※正月は、彦根港からしか船が出ていません。

初詣に行くには 彦根港 から行くしかありません。
 (1日2便のみです。) 

詳細はこちら ⇒ http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/time-table_hikone-chikubushima-hikone_winter/index.html/

悪天候により、欠航する場合や運航スケジュールが変更する場合があります。

 

天候にもよりますが防寒対策をしていった方がいいです。

帰りの船の時間を確認して、乗り遅れないように注意してください。

特に船酔いなどはしませんでしたが、乗り物に弱い方は注意が必要かもしれません。

船の乗り降りは、若干揺れることがあるので注意してください。

 

クルーズ船の雰囲気は下記の動画でチェックしてみてください。

 

■ 竹生島クルーズの動画はこちら
 (今津港からの動画です。)

<竹生島クルーズ(彦根港)のアクセス>

住所:滋賀県彦根市松原町3755

彦根ICから4km

駐車場あり

竹生島神社のかわかけ投げ&宝厳寺のだるまの金額は?

いかがでしたか?
今回の記事では、「竹生島の初詣」を調べてみました。
旅行やお出かけの際の参考になればと思います。