岡山の後楽園は40分で観光できるの?おすすめの見どころスポットはどこ?

後楽園

岡山で少し時間があるから後楽園を観光したい。

短時間で見て回るにはどうしたらいいの?

  • 短時間で観光できる所はあるの?
  • 後楽園は近いの?
  • 周辺の観光スポットはあるの?

今回、岡山の後楽園を40分で観光してみました。

後楽園

岡山後楽園

岡山といえば後楽園が有名です。

後楽園は、日本三名園に数えられる回遊式庭園で国指定特別名勝です。

岡山藩2代藩主池田綱政が家臣に作らせた庭園で、日本三大名園の中でも最も大きい庭園です。

後楽園は、広いので全てを見るには、時間がかかりますが、時間がない方は、ポイントをおさえて回るといいです。

園内をザーッと見るなら、早足で40分ほどで回れます。

ゆっくり見たい方は、1-2時間ほどかけてじっくり見るといいです。

ここでは、短時間で後楽園を観光する方法を紹介します。

<後楽園の開園時間>
3月20日~9月30日:7:30~18:00
10月1日~3月19日:8:00~17:00
(入園は15分前まで)
定休日:なし

入園料:大人410円

後楽園の公式ページ
https://okayama-korakuen.jp/

後楽園の入口

後楽園の入口

後楽園の入口は2つあります。

正門と南門があり、岡山城側が南門です。

岡山城も見たい方は、正門から入り、南門から出るのがいいです。

後楽園へは、どっちらからでも入ることができ、入園料(410円)が必要です。

園内は広いので、時間がない方は、ポイントを抑えて回るといいです。

後楽園を40分程度で回るなら、以下のような所へ行くといいです。

  • 延養亭
  • 五十三次腰掛茶屋
  • 慈眼堂
  • 唯心山
  • 流店

ここでは、おすすめのスポットを紹介します。

延養亭

延養亭

正門から園内に入り右側にあるのが延養亭(えんようてい)です。

藩主の居間で、通常は非公開です。

連なる建物には、能舞台などがあります。

五十三次腰掛茶屋

後楽園

五十三次腰掛茶屋周辺は、景色のいいポイントです。

目の前には、沢の池があり、砂利島があります。

岡山城が奥に見える、人気の撮影ポイントです。

慈眼堂

慈眼堂

慈眼堂は、池田綱政が建立し、観音像をまつったお堂です。

その前には、烏帽子岩(えぼしいわ)があります。

烏帽子岩は、花崗岩を三十六個に割って組み上げた岩で、圧倒されるぐらい大きいです。

近くには、由加神社もあります。

唯心山

後楽園

唯心山(ゆいしんざん)は、6m程の山です。

山には、ツツジやサツキが植えられ、唯心堂もあります。

高さがあり、全体を上から眺められる、人気スポットです。

少し登らないといけませんが、後楽園に来たら、立ち寄っておきたい場所です。

全体がみれるので、写真撮影にもいいです。

流店

流店

流店(りゅうてん)には、建物の中にも水路を通した場所があります。

建物の中を水が流れているのは、インパクトがあり、ぜひ見ておきたいスポットの一つです。

歩き疲れたら、流店で休憩するのもいいです。

その他の見どころ

後楽園では、さまざまな花を楽しむことができます。

夏は、花葉の池(かようのいけ)のハスや花菖蒲畑・杜若。

千入の森では、紅葉が楽しめます。

冬は、ツバキ、スイセンが咲き、季節に合わせて、姿を変える庭園です。

正門の近くのケージでは、タンチョウを飼育飼育していますので、時間がある方は、立ち寄ってみるといいです。

まとめ

岡山の路面電車

今回は、岡山の後楽園を40分で観光してみました。

後楽園のポイントを抑えて回れば、40分程度でも十分楽しめます。

今回紹介したのは、一部のスポットですが、他には、廉池軒、観騎亭などもあります。
 
後楽園は、岡山駅から路面電車やバスでのアクセスで15分ほどでアクセス可能。

岡山駅までの往復の時間を入れても、2時間程あれば十分見学できます。
 
岡山駅周辺の観光の記事はこちら

後楽園

岡山駅周辺を3時間で観光してみた。定番の後楽園&おすすめのコースを紹介。

2022.09.05

訪れた時は、岡山城が改修工事で入れませんでしたが、岡山城も隣にあります。

岡山城は、「令和の大改修」が行われ、2022年11月3日にリニュアルします。

お城・歴史が好きな方は、岡山城へも訪れてみるのもいいかもしれません。
 

今回は、短時間で岡山の後楽園を巡りました。

岡山観光の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。